いろいろなタイプの結婚式場がありどれを選ぶかは二人の考え次第


親族だけの小さな結婚式場

今、結婚式もいろいろな形があり、特に新郎・新婦の考えが重視される傾向があります。その中でも、両家の親族だけを招待して少人数の結婚式をするカップルも増えています。これなら、結婚式場も大きなところを借りる必要がなく、無駄な費用もかかりません。また、少人数だけに両家の人達で交流が行いやすく、特に新郎・新婦にとっては結婚してからも何かと世話になる親族には、結婚式の場で顔と名前を覚えておく大切なことがあります。

結婚式場が小さくて良いのは、お互いの親族が親しくなれるという利点があります。小さな空間だからこそ、参加者一人一人が印象に残り、それによってとても良い結婚式になる可能性もあるのです。

たくさんの人を呼ぶ従来からの結婚式

大きな結婚式場で、新郎・新婦を囲んで、親族はもちろん、会社関係や学生時代の友だちなど多くの人に盛大に祝ってもらう従来の結婚式もまだあります。これは、新郎・新婦の立場などでどうしても招待したい人が多くなった場合、結婚式場は多い人数を収納できる式場であることが必要で、場合によってはかなり前から予約しておくことが必要です。

更に式場によっては、新郎・新婦が二人華やかなスポットライトを浴びて出てきたり、ゴンドラなどから現われたりと結婚式場によっていろいろな工夫された演出がされています。どんな結婚式場を選ぶかは、やはり新郎・新婦を中心にして考えをまとめたいものです。また、大きな結婚式では人数も多いので席順や当日のスピーチをしてもらう人もしっかり依頼することも大切です。

名古屋の結婚式場にはホテル、レストラン、神社などがあります。和装、洋装や神前式、教会式など選択肢はさまざまなです。